Hugoをインストールする前に

HugoとHugo extended

現在、Hugoには異なる2つの種類があります。
通常版の「Hugo」と拡張版の「Hugo extended」です。

Hugo extendedは、Sass/SCSSのコンパイルができます。
ただし、動作するプラットフォームが限られているため注意が必要です。

動作可能プラットフォーム

Hugoは次の7種類のプラットフォームで動作します。

  • Dragonfly BSD(64bit)
  • FreeBSD (32bit / 64bit / ARM)
  • Linux(32bit / 64bit / ARM)
  • macOS(64bit)
  • NetBSD(32bit / 64bit / ARM)
  • OpenBSD(32bit / 64bit / ARM)
  • Windows(32bit / 64bit)

Hugo extendedは、次の3種類のプラットフォームで動作します。

  • Linux(64bit)
  • macOS(64bit)
  • Windows(64bit)

ビルド済みバイナリをダウンロードしてインストールする

Hugo Release - GitHubからプラットフォームに適するバージョンをダウンロードしてください。

Windowsにインストールする

ダウンロードしたファイルは、zipで凍結されているので解凍してください。 解凍したフォルダーには、3つのファイルが入っています。

  • hugo.exe
  • LICENSE
  • README.md

hugo.exeが実行ファイルです。このファイルを適当な場所に配置すればインストールは終了です。

macOSにインストールする

ダウンロードしたファイルは、tar.gzで凍結されているので解凍してください。 解凍したフォルダーには、3つのファイルが入っています。

  • hugo
  • LICENSE
  • README.md

hugoが実行ファイルです。このファイルを適当な場所に配置すればインストールは終了です。

Linuxにインストールする(deb)

Linuxのdebファイルのインストールについて解説します。

debファイルは解凍せず、コマンドラインプロンプトでインストールします。

sudo dpkg -i <ダウンロードしたファイル>

Linuxにインストールする(tar.gz)

Linuxのtar.gzファイルのインストールについて解説します。

ダウンロードしたファイルは、tar.gzで凍結されているので解凍してください。 解凍したフォルダーには、3つのファイルが入っています。

  • hugo
  • LICENSE
  • README.md

hugoが実行ファイルです。このファイルを適当な場所に配置すればインストールは終了です。

パッケージマネージャーでインストールする

Hugoはパッケージマネージャーでインストールすることもできます。

Chocolatey

Windowsでインストールできます。
Chocolateyがインストールするされている必要があります。

# Hugo
chocolatey install hugo

# Hugo extended
chocolatey install hugo-extended

インストール先はC:ProgramData\chocolatey\bin\です。
Chocolateyのデフォルトインストールディレクトリです。

Scoop

Windowsでインストールできます。
Scoopがインストールするされている必要があります。

# Hugo
scoop install hugo

# Hugo extended
scoop install hugo-extended

インストール先はC:ProgramData\scoop\です。
Scoopのデフォルトインストールディレクトリです。

Homebrew

macOSまたはLinuxでインストールできます。
Homebrewがインストールされている必要があります。

Homebrewでは、Hugo extendedはインストールできません。

brew install hugo

インストール先は/usr/local/です。
Homebrewのデフォルトインストールディレクトリです。

MacPort

macOSでインストールできます。
MacPortがインストールされている必要があります。

MacPortでは、Hugo extendedはインストールできません。

port install hugo

インストール先は/opt/local/です。
Homebrewのデフォルトインストールディレクトリです。

ソースコードをビルドする

HugoはGoで開発されています。ビルドするには、Goの開発環境が必要です。

  • Git
  • Go (version 1.11 or later)

GitHubよりクローンする

まずは、Hugoのソースコード一式をローカル上にクローンします。

git clone https://github.com/gohugoio/hugo.git

Hugoのソースコードをビルドする

先ほどクローンしたディレクトリに移動して、ビルドします。
フラグを指定することで、Hugo extendedをビルドすることができます。

# Hugo
go build

# Hugo extended
go build --tags extended